クロネコヤマト利用者の引っ越しノウハウ

 

引っ越しをする時に気をつけるべき事

 

クロネコヤマトでファミリーや単身パックを利用した方に実際行った/行うべきだったノウハウをお聞きしました

 

クロネコヤマト利用者の引越しノウハウ

 

引っ越しをする時、とりあえず引っ越し業者に頼むという先入観があると思いますが、

 

安く済ませたい、自由に行いたいと思われる方には別の方法があります。

 

まず、荷物が特に無い方は、郵送で送る。

 

これは、各宅配業者でも行っているサービスなので、引っ越しを頼むよりも大分お得に済ます事ができます。

 

また宅配では難しく、かといって引っ越しを頼む程ではないという方は、レンタカーを借りて、自分で行うのもありです。

 

友人に手伝いを頼んで行えば、なお簡単に済ませれます。

 

借りたクルマで、引っ越しの後ドライブに行くなんて事もできるので特にオススメです。

 

借りる車種としては、普通免許でも運転できる2tトラックか、荷物用のハイエースやバンがいいでしょう。

 

 

らくらくパック等で荷物の出し入れを業者にお願いする場合、可能なら同じメンバーで作業してもらうようにしましょう。

 

メンバーが違っても大丈夫です、と言いますが、前の状況を見ていないので、やはり同じにはなりませんね。

 

クロネコヤマト利用者の引越しノウハウ

 

荷物のダンボールにそれぞれ番号をふって、何番には何が入っているかを別途メモに記載しておくと何かと便利。

 

運ばれてきた箱が一つ少ない気がする、なんてまさかの事態でも番号を確かめれば何が入ったどの箱がなくなったのかもわかるかもしれません。

 

 

梱包から全てやってくれるサービスでも、事前に仕仕分けをしておくこと。

 

自分でやるものも準備しておいた方がスムーズである。

 

また、繁忙期を避け、平日の時間指定もなしにすると料金はぐっと安くなる。

 

また、荷物が少ないときは引っ越しサービスよりも宅配扱いにした方が安くなることもある。

 

引っ越し業者もいくらプロとは言えあまりに重いものだと大変なのでタンスの中身は出したり、本などもいくつかの箱に分けておいた方がよい。

 

海外引っ越しの場合、自分で梱包しても中身を確認されるので蓋はしない方が良いと思う。

 

 

宅配便の有効活用が引っ越し費用削減に繋がる!?

 

荷物をダンボールに入れるときは一工夫を!