単身者の引越しノウハウ

単身引越しをこれまで多くしてきましたが、必ずしておくべきことは2つあります。

 

一つ目は、新生活で必要ない可能性のあるものは、全て捨てておくことです。

 

必要かな?と迷うものは大体新生活において必要ありません。

 

またゴミ出しも、新居のある自治体は今住んでいる自治体のゴミ出し方法と異なることが多いので、引越し後の煩雑さを避けるためにも引越し前に捨てておくことが必須です。

 

二つ目は、荷物の梱包は部屋ごとに纏め、入れたものをダンボールに(大体で良いので)書いておくことです(メインベッドルーム、アクセサリー、本、など)。

 

こうすることで、引越し先に荷物が届いた後も、何をどこの部屋に置いてもらうか的確に指示が出来、引越し後に荷物を開ける際も、優先順位がつけられて便利です(引越し後は大体忙しいので優先順位付けが重要になります)。

 

 

収納が多いに越したことはないけれど、必要以上に物を増やさない。

 

当たり前のことですが、出したら元の場所に戻す、きれいにするを徹底する。

 

水回りや換気扇も普段からよく掃除しておくと、大掃除がラクになります。

 

物が少ない空間で生活しています。

 

ひとつ買ったら、ひとつ手放すようにしています。

 

自分の場合は時期が秋だったためか、安かったようです。

 

実家からアパートへという場合、クロネコ単身パックは便利だと感じました。

 

家電は電気店から直接運んでもらいました。

 

軍手、動きやすい服、汚れてもよい靴下は必須です。

 

調味料は使い切ること!梱包が面倒なので。

 

食品も食べきっておくとよいです。

 

シーズンオフの服や道具は、先に梱包しておく。

 

カーテン購入のため、窓のサイズを早めに把握しておく。

 

引き渡しから引越しまでに日数があるなら、先に細かいもの(自分で運べそうなもの)を搬入しておく。