単身パックを少しでも安くするコツ

引っ越し業者にはいくつも引っ越しプランがありますが、実際に見積もりをすると、広告で謳われている安い値段設定に収まることはまずありません。

 

同じ単身パックでも、クロネコヤマトや日本通運などの宅配業者から、アート引っ越しセンターや引っ越しのサカイなど、引っ越し専門業者の数だけの単身パックプランがあり、さらに時期や引っ越し距離で値段も変わってきます。

 

クロネコヤマトの引っ越しプランには、通常の他にさらに安いミニプランなんていうのもありますね。

 

参考⇒クロネコヤマトの引っ越し料金とプランについて

 

移動させたい荷物を最低限に絞り、その荷物ごとにどうやって運べば安く済むかを徹底的に調べるのが良いです。

 

例えば、同じテレビでも業者によっては配達料金が倍近く変わることもあります。

 

これがいくつもあると、予算にも大きな影響を及ぼします。

 

ただでさえお金がかかる引っ越しなので、削れるところは削るのが吉です。

 

料金を比較して吟味した上で早めに問い合わせをしてみます。

 

新生活が始まるシーズンは特に早め早めに動く方が良いです。

 

場合によっては集荷の予約すら取れないこともあります。

 

料金の問い合わせをすると同時に、集荷可能な日にちと荷物が届く最短日数を聞き出すと、引っ越しの予定が立てやすく便利です。